前頁 「 兼 [兼資]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[兼字]

フレームなし

工事中

兼字王 カネナ
 
 使王代
 
兼名王に同じ。
 魚魯の誤りにより兼宇王とある場合もある。
 
【出自】
 正保四年(一六四七)九月十一日から元祿二年(一六八九)九月六日に至るまで、伊勢奉幣使の使王代は、勤仕者が誰であるかにかかわりなく、宣命に「王從五位下兼字王」と記されていたものと推測される。
 當時の伊勢使王代は、多く中原朝臣賢充[河越兵庫頭]が勤仕したため、中原賢充が「源兼字」に改姓名し、使王代を勤仕する際に「兼字王」と稱した、と考えられたもののようである。「兼充王」を見よ。
 兵庫頭河越家の家説によると、兼久王の遺跡を、源兼字(兼字王)が相續した、とされる。
 
【經歴】
正保四年(一六四七)九月十一日、伊勢例幣使が再興された際の使王代
『忠利宿禰記』正保四年九月十一日
  例幣陣儀略次第
・・・・・ 外記進軾。仰云。「卜串持參」。次外記(師定)持參卜串(入筥)覽上卿。々々仰云。「令開」。外記開之。又覽上卿。々々見畢返下。仰云。「以兼字王令奉仕」。・・・・・
稿本後光明天皇實録』一九八〜二〇一頁
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』3「大嘗會由奉幣使王代拜命願書」
一、正保四年例幣御再興之砌、兼久卒去仕、王使御用相續之者無御座候ニ付、被爲在御詮議、則兼久弟C原賢充兵庫寮役相續仕罷在候ニ付、改姓被爲仰付源兼字相改、兼久跡目相續仕奉幣使御用被爲仰付、并兵庫寮兩役共至于今連綿仕。・・・・・
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
一、正保四年九月十一日
  御再興例幣      源兼字
慶安元年(一六四八)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『忠利宿禰記』慶安元年九月十一日
今日卯上刻參内。 例幣次第
・・・・・ 外記進軾。仰云。「卜串持參レ」。 次外記(職俊)持參卜串(入筥)覽上卿。々々仰云。「令開」。外記開之。又覽上卿。々々見畢返下。仰云。「以兼字王令奉仕」。・・・・・
使正五位下行~祇權大副大中臣朝臣友忠(祭主也)。
王從五位下兼字王(是ハ兵庫頭也)。
忌部從五位下齋部宿禰親重(此實御藏也。今度病故内竪式部詰)。
卜部代(吉田兼景。是ハ非藏人也。四位装束きて出仕勤役。不知作法。無實事也。爲後日書之)。
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
一、正保四年九月十一日
  御再興例幣      源兼字
一、御再興自例幣、萬治二年四月十日假殿御遷宮奉幣迄同位同人勤仕。
當該の奉幣について、國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」には、正保四年九月十一日の例幣の使王代と同人の源兼字が勤仕したとされる。しかし、『忠利宿禰記』慶安元年九月十一日條には、「兼字王」に「是ハ兵庫頭也」と注記がある。當時、「源兼字」こと中原賢充は兵庫大允であったので、當該の奉幣における使王代を勤仕したものではないと考えられる。從って、當該の「兼字王」は、中原賢充(源兼字)ではない他の者の作名であると思われる。
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」によると、慶安二年(一六四九)九月八日、伊勢臨時例幣の使王代は「源兼字」こと中原賢充であるとされる。兼用王を見よ。
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
慶安三年(一六五〇)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『忠利宿禰記』慶安三年九月十一日
例幣略次第。・・・・・ 次上卿以官人召外記(師定仰云可進卜串之由)。次外記(定慶)持參卜串。次上卿仰令開之(仰可使王某之内)兼字(【振假名】カネナ)王也。・・・・・
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
慶安四年(一六五一)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『忠利宿禰記』慶安四年九月十一日
 例幣次第
・・・・・ 此間卜串外記職俊上卿御前持參。兼 王被定如例。・・・・・
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
慶安五年(一六五二)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『忠利宿禰記』慶安五年九月十一日
今日例幣也。・・・・・
・・・・・ 次以官人召外記。師定仰可進卜串之由。次外記職俊持參卜串(上卿仰外記令開之。仰可爲使王兼字王之由)。次外記(【右傍注】職俊)進小庭申使王御馬事。
・・・・・
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
承應二年(一六五三)九月十一日、伊勢例幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』19「使王帶劔近例拔書」所引『兼字私記』承應二年九月十六日
宿直ニ行水、着束帶、外宮御祭(酉剋)、一鳥居ニ下乘、於此所解劍。
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
承應二年(一六五三)十一月十九日、伊勢臨時奉幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
承應三年(一六五四)九月十一日、伊勢例幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
明暦元年(一六五五)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『忠利宿禰記』明暦元年九月十一日
例幣。
・・・・・ 次上卿以官人召大内記(師定)仰云「可進卜串」之由。次外記職俊持參卜串。次上卿仰少外記(職俊)令開之(仰可爲使王兼字王某之由)。・・・・・
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
明暦二年(一六五六)正月十九日、後西院即位由例幣の使王代。左官掌の子、亮房が勤仕。
『忠利宿禰記』明暦二年正月十九日
今日由奉幣辰刻參内。
・・・・・ 使王從五位下兼字王。是ハ左官掌子亮房也。忌部代御藏眞繼兵部也。・・・・・
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
明暦二年(一六五六)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『宣順卿記』明暦二年九月十一日
例幣也。・・・・・ 次上卿召外記仰可進卜串之由。外記云。「王氏一人也。申不及卜串」之由(此事兼日三條西云。「王氏一人之時不及卜串事、古來之法也」。今ノ使王他姓ノ者ヲ王氏ニ改姓。是作名ト外記師定朝臣申。三條西「非作名。々々ト云ハ無人躰。名字ハカリノ時ハ作名ト可申。今ノ除目ノ申文等ヲ作名ト可申。是ハ改姓ト可云」由也。「其表王氏一人之時、以何可卜」之由、師定朝臣ト問答。仍不及卜串。自再興年到去年雖王氏一人、毎年有卜串)。・・・・・
『忠利宿禰記』明暦二年九月十一日
・・・・・ 次例幣義。・・・・・ 次召大外記(師定)。卜串義被尋か。卜串開作法無之。是ハ兼字王兼日ニ知申故卜之、作法~慮難測之由、上卿被仰故尋被向作法許也。・・・・・
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
明暦三年(一六五七)九月十一日、伊勢例幣の使王代。兵庫允中原賢充が勤仕。
『忠利宿禰記』明暦三年九月十一日
今日辰刻伊勢例幣。次第。
・・・・・ 次上卿以官人召大内記(【傍注】豐長)、仰宣命之事。次外記(【傍注】職俊)持參卜串(入筥)。次上卿令外記開卜串、仰可爲使王某(【傍注】兼字)之由。・・・・・
上卿久我右大將廣通卿。奉行中御門頭右大辨資煕朝臣。辨勸修寺左少辨經慶。大内記高辻豐長、宣命作進。少納言官府請印豐長。使~祇權少副大中臣精長。・・・・・(使王代兵庫允中原賢充。忌部代御藏兵部源久忠)。
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
萬治元年(一六五八)九月十一日、伊勢例幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』 22 「使王參向語合之例書」
萬治二年(一六五九)四月十日、伊勢臨時奉幣の使王代。兵庫助中原賢充が勤仕。
『忠利宿禰記』萬治二年四月十日
・・・・・
   伊勢皇太~宮一社奉幣 ・・・・・
・・・・・ 中臣使~職【祇】少副兼長。卜部仙洞非藏人美作守兼則。忌部代(從五位下齊部【齋部】宿禰親守)御藏從五位下源久忠。使王代(【傍注】王從五位下兼字王)兵庫助正六位上中原賢充。・・・・・
 ・・・・・
天皇詔旨掛畏伊勢度會五十鈴河上下津磐根大宮柱廣敷立高天原千木高知稱辭定奉天照坐皇太~廣前美毛申賜波久度。朕謬以眇身猥守尊位恭慕聖猷之淳素幸保海内之安全古止者大~廣御惠厚御助可有所念行奈利。爰去年不量有失火之事宮殿回祿倍理。誠是朝家之愼國土之懼無限極。因茲假宮造進遷座化儀。故是以臨時幣使令發遣吉日良辰擇定王從五位下兼字王、中臣從五位下行~祇少副大中臣朝臣兼長等差使忌部從五位下齋部宿禰親守弱肩太繦取懸禮代大幣帛令捧持奉出賜。掛畏皇太~此状聞食天皇朝廷寶位無動常磐堅磐夜守日守護幸給比氐八紘昇平武運長盛護恤給倍度美毛申給者久止申。
  萬治二年四月十日 如此宣命少内記職俊より來。今度作進也。
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』22「使王參向語合之例書」
一、正保四年九月十一日
  御再興例幣      源兼字
一、御再興自例幣、萬治二年四月十日假殿御遷宮奉幣迄同位同人勤仕。
萬治二年(一六五九)九月十一日、伊勢例幣の使王代。主殿少允[佐伯]職行が勤仕。
『忠利宿禰記』萬治二年九月十一日
今日辰刻例幣。・・・・・
・・・・・ 使從五位下大中臣朝臣兼長。忌部代内竪式部、宣命ニハ從五位下齋部宿禰親守。使王代主殿民部職行、宣命ニハ王從五位下兼字王。諸役人如例。
・・・・・
天皇詔旨掛畏伊勢度會五十鈴河上下津磐根大宮柱廣敷立高天原千木高知稱辭定奉天照皇太~廣前、恐美毛申給倍度。常九月~嘗大幣、王從五位下兼字王、中臣從五位下行~祇少副大中臣朝臣兼長等差使、忌部從五位下齋部宿禰親守弱肩大繦取懸持齋者利令捧持奉出賜。此状聞食天皇朝廷寶位無動常磐堅磐夜守日守護幸奉給倍止、恐美毛申給波久止申。
 萬治二年九月十一日
如此少内記定慶作進。
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』23「使王代兼字依服語候例」
一、萬治二(己亥)年九月十一日
  依重服主殿寮允職行語候。
萬治二年(一六五九)十一月十九日、伊勢臨時奉幣(遷宮)の使王代。左官掌紀氏友が勤仕。
『壬生家文書』六ノ四一頁・四二頁
『忠利宿禰記』萬治二年十一月十九日
・・・・・
  一社奉幣次第
・・・・・ 使~祇少副大中臣兼長。卜部吉田兼景。使王代兼字王代左官掌紀氏友。忌部代御藏眞繼兵部源久忠子宮内玄弘、參向。・・・・・
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』23「使王代兼字依服語候例」
一、同【萬治二年】十一月十九日
  右同【依重服】左官掌氏友語候。
寛文元年(一六六一)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『忠利宿禰記』寛文元年九月十一日丁亥
リ。午刻時雨リ。今日辰刻以前參内。伊勢例幣。次第略。
・・・・・ 使(【傍】祭主)大中臣朝臣景忠。忌部代御藏眞繼兵部。使王代兵庫頭。
卜部吉田美作、主鈴代御藏眞繼兵部子宮内丞源玄弘、内竪輕服也。・・・・・
寛文二年(一六六二)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『忠利宿禰記』寛文二年九月十一日辛巳
リ。及晩雨少下。今早天辰刻已前、束帶、大外記へ參。令同道參内。諸役人同前。辰刻伊勢例幣。陣儀已前、上卿被遂着陣。辨經慶【勸修寺】。史利昭。藏人方吉書披見。作法如令。陣儀次第(略)。
・・・・・ 卜部吉田兼景、非藏人也。使王代兵庫寮      。忌部代御藏直繼【眞繼】兵部   。使從五位下行~祇權少副大中臣景忠。・・・・・
延寶四年(一六七六)九月十一日、伊勢例幣の使王代
少外記平田家記録 D1-1「例幣次第」延寶四年九月十一日
延寶五年(一六七七)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『季連宿禰記』延寶五年九月十一日乙酉
兩太~宮發遣例幣。辰刻陣宣下。上卿權大納言煕房卿。奉行職事頭左中將公量朝臣【姉小路】。行事辨藏人左少辨宣基。少納言宣幸朝臣。大内記不參(依故障)。少内記職俊作進宣命。幣使祭主~祇權少副景忠朝臣。使王代作名從五位下兼字王(兵庫頭賢充)。忌部代作名從五位下齋部宿禰親守(御藏某云々)。
延寶七年(一六七九)九月十一日、伊勢例幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』25「中臣使上階之時使王宣命被下候例」
延寶八年(一六八〇)十一月十日、伊勢例幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』25「中臣使上階之時使王宣命被下候例」
延寶九年(一六八一)九月十一日、伊勢例幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』25「中臣使上階之時使王宣命被下候例」
天和二年(一六八二)正月二十九日、伊勢臨時奉幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』3「大嘗會由奉幣使王代拜命願書」
天和二年(一六八二)九月十一日、伊勢例幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』3「大嘗會由奉幣使王代拜命願書」
天和三年(一六八三)三月六日、伊勢臨時奉幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』25「中臣使上階之時使王宣命被下候例」
天和三年(一六八三)九月十一日、伊勢例幣の使王代
國學院大學所藏 河越家記録『諸願屆録』25「中臣使上階之時使王宣命被下候例」
貞享元年(一六八四)九月十一日、伊勢例幣の使王代
少外記平田家記録 I126-4 宣命寫
貞享二年(一六八五)九月十一日、伊勢例幣の使王代
『通誠公記』貞享二年九月十一日
例幣也。・・・・・
・・・・・ 王從五位下兼字王・中臣從三位行神祇權大副大中臣朝臣景忠等差使、忌部從五位下齋部宿祢親守弱肩太繦取懸持齋者利令捧持奉出賜 ・・・・・
『通誠公記』貞享二年九月廿一日
未剋許王使河越兵庫、忌部使眞繼右衛門【珍弘】等來。對面。・・・・・
貞享三年(一六八六)九月十一日、伊勢例幣の使王代
少外記平田家記録 I6『臨時・恒例之公事』
貞享四年(一六八七)十一月六日、東山院大嘗會由奉幣の使王代
『大嘗祭史料 鈴鹿家文書』五五頁
『貞享大嘗會由奉幣記』
『左官掌氏辰記(貞享四大嘗會)』貞享四年十一月六日辛巳(『歴代殘闕日記』巻百十五。第二十七巻五二〜七一頁)
今日卯一點可被發遣大嘗會由奉幣於伊勢石C水賀茂日時使定等於陣宣下有之。・・・・・
一、伊勢使。 ~祇權大副大中臣コ忠(藤波三位景忠卿息。從五上左京權太夫)
  使王兼躬王代兵庫頭(【右傍書】中原)賢充
  忌部親業代治部少丞中原C房(御藏小舍人)
  卜部佐渡守卜部勝慶(吉田社司。號鈴鹿。但卜部近代不參向于勢州)
  ・・・・・
・・・・・
 伊勢之宣命
天皇詔旨羅万度麻久毛伊勢度會五十鈴河上下磐根大宮柱廣敷立高天千木高知稱辭定奉天照坐皇太~廣前美毛申賜者久度
朕庸質天津日嗣岐高坐受傳四月廿八日即位食國御宇須始今月卯日大嘗祭政度爲志免部岐奈利此由告申。吉日吉時擇定王從五位下兼字王・中臣從五位上守左京權大史【夫】兼行~祇權大副大中臣朝臣コ忠差使忌部從五位下齋部宿禰親業弱肩太繦取懸禮代大幣帛持齋者利捧持志免氐内外奉出賜。此状聞食天皇朝廷寶位無動常磐堅磐夜守日守護幸給比氐乾坤交【安】泰萬民快樂助給倍度美毛申給者久度申。
  貞享四年十一月六日
・・・・・
稿本東山天皇實録』七八頁所引『大嘗會次第』貞享四年十一月六日
三社由奉幣次第
 大嘗會由奉幣次第
上卿着仗座(奧)。・・・・・ 次外記參小庭申使王申御馬事。上卿目之。外記退出。・・・・・ 次上卿參弓場殿、以職事(内記取筥相從)奏聞(先進攝政如例)。此序奏使王申御馬事。次職事奏聞畢返賜。仰可令C書由。仰使王御馬聞食由。・・・・・ 次上卿以官人召外記、仰使王御馬聞食由。・・・・・
~祇官代儀。・・・・・ 上卿以召使召使使王【ママ】。使王參軾。次上卿賜宣命。使王取之退出。・・・・・
この奉幣は豫定のみで、實際には經費節減のため實行されなかった、とされるが、『永貞卿記』貞享四年十一月六日(『稿本東山天皇實録』七八頁)には、
リ。辰刻由奉幣發遣(伊勢・石C水・賀茂上下)陣儀。上卿右大臣(【傍注】兼X)。參議左大辨宰相(【傍注】X定【C閑寺】)。辨韶光朝臣。奉行職事基勝朝臣。上卿以下參向~祇官代。幣使伊勢~祇權大副コ忠。石C水源大納言(【傍注】通誠)、次官仲賢。賀茂上下花山院(【傍注】持重)中納言、次官貞維。次官不參向本社。自~祇官代歸了。
とある。
 
【文獻等】
藤森馨『平安時代の宮廷祭祀と神祇官人』(大明堂、平成十二年(二〇〇〇)九月)
藤森馨「國學院大學図書館所蔵「河越家記録・文書」の紹介と目録」(『國學院大學図書館紀要』第六号、平成六年(一九九四)三月、75〜98頁)
嶋津宣史「國學院大學図書館所蔵河越家記録『諸願届録』(翻刻・紹介)」(『國學院大學図書館紀要』第七号、平成七年(一九九五)三月、89〜127頁)


 
次頁 「 兼 [兼似]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 け 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2010.03.24.

Copyright: Ahmadjan 2010.3 - All rights reserved.