前頁 「 久 [久尊]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[久通]
 
フレームなし


×□ 久通王
 
 少外記平田家記録 I126/1 に、享保十年(一七二五)九月十一日、伊勢例幣の
使王代として見える。
『少外記平田家記録』I126/1、第十七葉、宣命寫
享保十年九月
 天皇詔旨掛畏伊勢度會
 五十鈴河上下津磐根大宮柱
 廣敷立高天原千木高知稱辭奉定
 天照坐皇太神廣前、恐美毛申給倍止
 常奉賜九月神嘗御幣、王從五位上久通
 王、中臣從二位行神祇大副大中臣朝臣徳忠等
 差使、忌部正五位下齋部宿禰親重弱肩
 太繦取懸、禮代御幣持齎者利令捧持
 奉出賜。此状聞食、天皇朝廷
 寶位無動常磐堅磐夜守日守
 護幸奉給倍止、恐美毛申給者久止申。
  享保十年九月十一日
・・・・・
 「兼通王」の誤り。「兼久通王」と誤寫したところに、更に誤って「兼」字を抹消したために生じた。


 
次頁 「 久 [久明]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 き 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2009.01.15.

Copyright: Ahmadjan 2009.1 - All rights reserved.