前頁 「 圓 [圓實照院]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[圓祥]

フレームなし

工事中

【僧】圓祥 ヱンシヤウ
 
 高田專修寺門跡 第十九世門主
 大僧正 法印
 
【幼稱】
 「守君
 「
章宮」 たかのみや
 ※「幸宮」は誤りであろう。
 
【法號】
 「眞無量院宮
 
【雅號】
 「墨化臺」
 
【出自】
 織仁親王[有栖川宮]の實子。
 藤原朝臣輔平[鷹司](典仁親王[閑院宮]の男子)の男子。
 圓遵[專修寺](音仁親王[有栖川若宮]の一男。職仁親王[有栖川宮]の實子)の附弟。
『詰所系圖』有栖川宮、織仁親王の子



男子
專修寺、實鷹司輔平公末子、天明八年七月十日生、寛政二年十二月二十二日爲織仁親王養子、爲圓遵附弟、同五年正月廿日深曾木。同年二月廿日勢州一身田下向(六歳)、享和三年十月二十五日得度(十六歳)。
 
【母】
 「瓔光院」
鷹司輔平の側室。
「美登」のち「玉橋」
上北面の藤原朝臣宗弟[山形播磨守]の女子。
 
【經歴】
「守君」
天明八年(一七八八)七月十日、洛東岡崎の鷹司家寓居において誕生。
寛政二年(一七九〇)九月、勅旨により織仁親王[有栖川宮]の實子となり圓遵[專修寺]の法嗣となることが定められる。
「章宮」
寛政二年(一七九〇)十二月二十二日、織仁親王[有栖川殿]の實子(三男)となり、「章宮(たかのみや)」と稱される。
寛政二年(一七九〇)十二月二十二日、第十八世専修寺門主圓遵の附弟となる。
寛政四年(一七九二)、着袴。
寛政五年(一七九三)正月二十日、深曾木。
寛政五年(一七九三)二月二十日、伊勢に下向。六歳。
寛政五年(一七九三)二月二十三日、伊勢國一身田の高田專修寺に入室。
圓祥
享和三年(一八〇三)十月二十五日、得度。十六歳。
文化八年(一八一一)三月十日、專修寺を相續する。
文化八年(一八一一)十月四日、光格天皇より、下野國高田專修寺住持職の綸旨を賜わる。
文政五年(一八二二)二月二十日、法眼に敍され、大僧都に任じられる。
文政六年(一八二三)正月二十八日、法印に敍される。
文政六年(一八二三)十月四日、僧正に任じられる。
小妻隆文『円祥上人行実』36頁には「同【天保】同【六年】十一月四日 正僧正」とある。
文政七年(一八二四)八月十六日、大僧正に任じられる。
天保八年(一八三七)十一月二十一日未刻、歿。五十歳。
天保八年(一八三七)十一月二十一日(陽暦十二月十八日)歿。五十歳。
『雲上御系譜』皇族篇「有栖川宮」八十二頁は「天保八年十二月三日薨去五十歳」と作す。
天保八年(一八三七)十二月八日、荼毘式。專修寺廟所に葬られる。
 
【配偶】
 彩姫 そめひめ
 圓祥[專修寺]の正室
 彩子 そめこ
 「霜信院」
 藤堂左近衞權少將高嶷[津]の十二女。
 寛政四年(一七九二)生。
 文化八年(一八一一)四月、圓祥[專修寺]と結婚。
 天保十五年(一八四四)十二月二十一日、薙髪。
 嘉永七年(一八五四)八月三日歿。六十三歳。法名「C貞圓芳」
 
【子女】
 知義姫
 圓祥[專修寺]の一女。
 法號「光瑞院」
 法名「寂定圓義」
 文化四年(一八〇七)生。
 文化四年(一八〇七)九月二十三日歿。一歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 摩尼姫
 圓祥[專修寺]の二女。
 法號「靈瑞院」
 法名「摩尼圓華」
 文化五年(一八〇八)生。
 文化六年(一八〇九)六月十六日歿。二歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 寄姫
 圓祥[專修寺]の三女。
 法號「乘道院」
 法名「來覺圓瑞」
 文化七年(一八一〇)生。
 文化七年(一八一〇)七月五日歿。一歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 永姫
 圓祥[專修寺]の四女。
 法號「休徴院」
 法名「章瑞圓祚」
 文化八年(一八一一)生。
 文化十一年(一八一四)六月十日歿。四歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 【僧】圓
 のち常磐井圓
 圓祥[專修寺]の一男(庶子)。
 母は家女房「文崎」(文操院)。
 法號「須彌天冠院」
 字「コ眞」
 幼名「守若(もりわか)」「守君」
 文化九年(一八一二)八月十九日生。
 ※『新修 有栖川宮系譜』は、「文化九年壬申九月 日誕生」と作す。
 天保十一年(一八四〇)二月二十一日、得度。
 一身田山内の別院に居住。
 明治十一年(一八七八)十月、權中ヘ正に補される。
 專修寺執綱
 明治十三年(一八八〇)八月二十四日歿。六十九歳。
 ※『專修寺門室歴世系譜』(『真宗史料集成』第七巻 所收)は「円禎」と作す。
 【僧】圓禮
 圓祥[專修寺]の二男(庶子)。
 母は家女房「文崎」(文操院)。
 法號「月映金院」
 字「コ驕v
 幼名「豐若(とよわか)」
 文化十年(一八一三)生。
 文政五年(一八二二)八月、越前國(福井)加戸の本流院の附弟となる。  加戸本流院住職
 天保六年(一八三五)八月十日歿。二十三歳。
 「C若」
 圓祥[專修寺]の三男。
 母は彩姫(霜信院)。
 法號「後廣C院」
 法名「淨慧圓禪」
 文化十二年(一八一五)生。
 文化十三年(一八一六)六月十二日歿。二歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 那鶴姫 なつひめ
 圓祥[專修寺]の五女。
 法號「高鶴院」
 法名「淨雲圓禎」
 文化十二年(一八一五)生。
 文化十三年(一八一六)七月二十日歿。二歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 由賀姫 ゆかひめ
 圓祥[專修寺]の六女。
 母は家女房「文崎」(文操院)。
 法號「寶牀院」
 法名「玉養圓機」
 文化十二年(一八一五)七月二十七日生。
 文政十三年(一八三〇)七月二十日歿。十六歳。
 【僧】圓禧 ヱンキ
 「松若(まつわか)」「學宮(さとのみや)」
 第二十世專修寺門主
 圓祥[專修寺]の四男。韶仁親王[有栖川殿]の養子。
 (女子)
 圓祥[專修寺]の七女。
 法號「善鏡院」
 法名「歸眞圓耀」
 文化十四年(一八一七)生。
 文化十四年(一八一七)十月四日歿。一歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 明日香大藏卿宗旭
 圓祥[專修寺]の五男。
 ※ 小妻隆文『円祥上人行実』は九男とする。
 母は家女房「文崎」(文操院)。
 幼名「藤丸」
 法號「光啓院」
 字「コ耿」
 ※ 小妻隆文『円祥上人行実』は「光啓院コ秋」と作す。
 文化十四年(一八一七)生。
 專修寺坊官の明日香法橋宗普の實子となる。
 弘化四年(一八四七)八月十八日歿。三十一歳。
 ※ 明日香家は、飛鳥井家の庶流。
 千傳姫 ちでひめ
 圓祥[專修寺]の八女。
 法號「千香院」
 法名「傳芳圓達」
 文化十五年/文政元年(一八一八)生。
 文政十一年(一八二八)六月二十七日歿。十一歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 樂姫 らくひめ
 羅貝姫
 圓祥[專修寺]の九女。
 ※ 小妻隆文『円祥上人行実』は十一女とする。
 母は家女房「二葉」。
 法號「淨華院」
 法名「圓曉慶薫」
 文化十五年/文政元年(一八一八)生。
 津の上宮寺慶光の室。
 天保十五年(一八四四)二月二日歿。二十七歳。
 【僧】圓崇
 のち玉樹圓崇
 圓祥[專修寺]の六男。
 ※ 小妻隆文『円祥上人行実』は十男とする。
 母は家女房「二葉」。
 幼名「棟若(むねわか)」
 法號「無量幢院」
 字「コ梁」
 文政二年(一八一九)六月四日生。
 天保三年(一八三二)二月、得度。
圓崇C書本『墨化台年譜』天保三年二月條に「不肖【棟若。智慧光院圓崇】以住智恵光院」とある。小妻隆文『円祥上人行実』34〜35頁。
 天保四年(一八三三)十一月、一身田の智慧光院の住職となる。
 法印に敍され、權大僧正に任じられる。
 明治十四年(一八八一)十二月二十一日、權少ヘ正に補される。
 明治十六年(一八八三)二月二十日歿。六十五歳。
 倶若 ともわか
 圓祥[專修寺]の七男。
 法號「善月院」
 法名「淨空圓影」
 文政二年(一八一九)生。
 文政二年(一八一九)七月十五日歿。一歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 【僧】祥明
 のちC水谷祥明
 圓祥[專修寺]の七男。
 ※ 小妻隆文『円祥上人行実』は六男とする。
 ※『新修 有栖川宮系譜』では通冨の後に排列される。
 母は家女房「園木」。
 法號「功コ池院」
 字「コ瀧」
 幼名「瀧丸(たきまる)」
 文政七年(一八二四)六月十二日生。
 天保三年(一八三二)四月、得度。
 安政六年(一八五九)十月、小山巖寺の附弟となる。
 小山巖寺住職
 明治十一年(一八七八)十月九日、權少ヘ正に補される。
 明治十四年(一八八一)十月十四日歿。五十八歳。
 源朝臣通富 みちとよ [中院]
 權大納言
 中院家第二十五代當主。
 のち中院通富 なかのゐん みちとよ
 圓祥[專修寺]の九男。
 ※ 小妻隆文『円祥上人行実』は七男とする。
 藤原朝臣實堅[徳大寺](藤原朝臣輔平[鷹司]の十一男。圓祥の兄)の實子(二男)。
 源朝臣通繋[中院]の養子。
 母は彩姫(霜信院)。
 幼名「珠鶴若(すずわか)」
 文政六年(一八二三)九月二十三日生。
 天保六年(一八三五)十月三日、藤原朝臣實堅(さねみ)[コ大寺大納言]の實子(二男)となり、源朝臣通繋(みちつぐ)[中院]の養子となり、中院家を相續。十三歳。
 天保七年(一八三六)正月二十七日、中院邸に移る。
 天保七年(一八三六)五月二十三日、從五位下に敍される。十四歳。
 天保七年(一八三六)十一月二十七日、從五位上に敍される。
 天保七年(一八三六)十二月二十六日、侍從に任じられる。
 天保八年(一八三七)三月二十五日、元服。昇殿。同日、正五位下に敍される。
 天保九年(一八三八)三月二十一日、從四位下に敍される。
 天保十年(一八三九)正月四日、從四位上に敍される。
 天保十二年(一八四一)二月四日、正四位下に敍される。
 天保十二年(一八四一)八月二十九日、右近衞權少將に任じられる。
 嘉永四年(一八五一)七月二十八日、右近衞權中將に轉ず。
 安政四年(一八五七)五月十五日、參議に任じられる(右中將兼任)。
 安政四年(一八五七)九月十八日、從三位に敍される。
『公卿補任』安政四年 參議 正四位下「(中院)源通富(三十五)」
右中將。五月十五日兼(小除目)。同月廿五日拜賀着陣。同月廿七日聽直衣。同日直衣始。九月十八日叙從三位。○石清水放生會參向。
正四位下通繋朝臣男。母肥前故少將治茂朝臣女。實前内大臣實堅公次男。母故前權大納言輝久卿女。
文政六九廿三誕生。天保七五廿三叙從五位下(十四歳)。同年十一廿七叙從五位上。同年十二廿六任侍從。同八三廿五元服聽昇殿(十五歳)。同日叙正五位下。同九三廿一叙從四位下(十六歳)。同十正四叙從四位上(十七歳)。同十二二四叙正四位下(十九歳)。同年八廿九任右權少將。同十三正一拜賀。同十四五十七服解(實母)。同年七八除服出仕復任。弘化三三四賜仁孝天皇御當色。同月七賜同御素服。同年四四除服宣下。嘉永四七廿八轉權中將(廿九歳)。同年九十六拜賀。
 安政六年(一八五九)二月十一日、正三位に敍される。
 文久三年(一八六三)九月二日、權中納言に任じられる。
 文久三年(一八六三)十一月二十八日、從二位に敍される。
 慶應元年(一八六五)九月二十七日、正二位に敍される。
 慶應四年(一八六八)二月二日、權大納言に任じられる。
 幕末、國事に盡し、明治維新後、參與となった。
 殿掌
 明治十七年(一八八四)七月七日、伯爵を授けられる。
 明治十八年(一八八五)六月十九日薨。六十二歳。
 正二位
平成新修 旧華族家系大成』下巻 二三八頁
韶仁親王の男子とする系圖があるが、韶仁親王の養子となった圓禧の弟という關係から、韶仁親王の子と誤解されたものであろう。
 萬龜姫
 圓祥[專修寺]の十女。
 法號「蔡華院」
 法名「香玉圓龜」
 文政七年(一八二四)生。
 文政八年(一八二五)十一月二十四日歿。二歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 禾姫 のぎひめ
 圓祥[專修寺]の十一女。
 ※ 小妻隆文『円祥上人行実』は八女とする。
 母は家女房「袖紫」。
 法號「實秀院」
 法名「圓茂寛雲」
 文政八年(一八二五)生。
 一身田町の玉保院寛潮の室。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に「東院殿深解院室」とある。
 安政四年(一八五七)九月二十二日歿。
 【僧】誓標
 圓祥[專修寺]の十男。
 ※ 小妻隆文『円祥上人行実』は八男とする。
 母は家女房「袖紫」。
 幼名「享丸(あてまる)」
 法號「皆同慶院」
 字「コ享」
 ※『新修 有栖川宮系譜』に「號解道ヘ院」とある。
 文政十年(一八二七)生。
 天保六年(一八三五)二月、得度。
小妻隆文『円祥上人行実』に「天保二年十二月九日有栖川宮韶仁親王の王子となる。天保六年二月得度」とあるが、檢討を要す。
 K田(三重縣河藝町)の淨光寺住職
 慶應三年(一八六七)十月五日歿。四十一歳。
 岩若
 圓祥[專修寺]の十一男。
 法號「西巖院」
 法名「敬瞻圓祝」
 文政十一年(一八二八)生。
 文政十一年(一八二八)十月十七日歿。一歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 綱君 つな[ぎみ]
 藤原朝臣政煕[近衞]の女子(末女)。
 圓祥[專修寺]の養子。
 文政十一年(一八二八)八月十二日生。
 圓祥の養子となり、津の彰見寺に縁約。
 後、實家の近衞家に歸家。
 (男子)
 圓祥[專修寺]の十二男。
『專修寺門室歴世系譜』(『真宗史料集成』第七巻 所收)では、「某」として、円禕の次に排列され、これに從うと十三男となる。
 母は彩姫(霜信院)。
 法號「觀珠院」
 法名「義海圓泡」
 文政十二年(一八二九)生。
 文政十二年(一八二九)十一月十二日歿。一歳。
 ※『新修 有栖川宮系譜』に不見。
 【僧】圓禕
 圓祥[專修寺]の十三男。
小妻隆文『円祥上人行実』は十二男とする。
『專修寺門室歴世系譜』(『真宗史料集成』第七巻 所收)では、「某」の次に排列され、これに從うと十二男となる。
 母は家女房「文崎」(文操院)。
 幼名「尚若(ひさわか)」又「學君(さと[ぎみ])」
 法號「紫金成院」
 字「コ尚」
 天保二年(一八三一)生。
 ※『新修 有栖川宮系譜』は「天保元年庚寅 月 二血誕生」と作す。
 天保九年(一八三八)二月、得度。
 弘化四年(一八四七)五月、三河國桑子の妙源寺の住職となる。
 明治六年(一八七三)十二月十五日歿。四十三歳。
 八十姫 やそひめ / 于傳姫 うてひめ
 圓祥[專修寺]の十二女。
 母は彩姫(霜信院)。
 法號「貞協院」
 法名「圓美光麗」
 天保二年(一八三一)生。
 三河國岡崎の滿性寺光憲に縁約。
 天保六年(一八三五)二月十八日歿。五歳。
 杖姫 つえひめ
 圓祥[專修寺]の十三女。
 母は家女房「袖紫」。
 法號「如心院」
 法名「圓安慶慰」
 天保二年(一八三一)生。
 松阪の常念寺慶眞に縁約。
 天保十三年(一八四二)十月五日歿。十二歳。
小妻隆文『円祥上人行実』には、圓祥[專修寺]の十四女として「彰(トシ)子」が擧げられるが、『專修寺門室歴世系譜』(『真宗史料集成』第七巻 所收)では、系線が亂れているものの、彰子は、圓メi圓祥の庶長子)の子とされている。參考のため、彰子の經歴を次に掲ぐ。
 法號「等曜院」
 法名「圓實寛照」
 天保九年(一八三八)生。
 一身田町の玉保院寛治の室。
 文久三年(一八六三)二月十五日歿。二十六歳。
 
【逸事等】
「親鸞の再來」と噂された。
『円祥上人行実』 104頁
專修寺門跡では、圓猷・圓遵・圓祥と三代に亙り、親王宣下を熱望していた。
『円祥上人行実』 36頁
小妻隆文『円祥上人行実』所收「円祥・円禧上人年譜 補遺」天保七年(一八三六)に、「上人漸次肥満して長坐を苦痛とす」とある。
 
【著述等】
『高田學報』第十八輯「圓祥上人全集」
『高田學報』第十九輯「圓祥上人全集續篇」
 
【文獻等】
小妻隆文『円祥上人行実 附 円禧上人行実』(津、高田学会、一九七三年九月)
『專修寺門室歴世系譜』(『真宗史料集成』第七巻 所収) 七四三〜七四六頁
新修 有栖川宮系譜』 四九〜五三頁
平成新修 旧華族家系大成』下巻 149頁


 
次頁 「 圓 [圓淨]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 ゑ 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


更新日時: 2011.12.02.
公開日時: 2011.02.16.


Copyright: Ahmadjan 2011.2 - All rights reserved.