任宗王


前頁 「 任 [任助]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[任宗]

フレームなし

工事中

任宗王 タフム子/トフム子
 伊勢奉幣の使王代
 
【本名】
 源朝臣任賢[川越兵庫頭]
源朝臣道賢[川越兵庫助](道宗王)の男子。
『地下家傳』に「源道賢男」とあるが、道賢は文化四年の出生であるので、任賢は道賢の「實子」であったと考えられる。
文化十五年(一八一八)正月十三日生。
天保七年(一八三六)十月二十八日、正六位下に敍され、近江介に任じられる。十九歳。
天保十五年(一八四四)五月六日、兵庫助に任じられる。
少外記平田家記録 H206-10
弘化二年(一八四五)十二月十七日、從五位下に敍される。二十八歳。
少外記平田家記録 H206-12
弘化四年(一八四七)七月九日、兵庫頭に轉任。
嘉永七年(一八五四)十月十四日、從五位上に敍される。三十七歳。
安政二年(一八五五)、兵庫頭を辭任。
安政四年(一八五七)、卒去。四十歳。
『地下家傳』には、「安政二年 辭頭」に續き「同 卒(四十歳)」とあり、安政二年に卒去したかの如く見えるが、卒年より逆算して、「同四年」とあるべきものと解す。
【子女】
  源朝臣賢滿[川越]
  源朝臣種賢[川越](
種弘王
『地下家傳』四「兵庫寮 河越 姓源 元C原又王」一八二〜一八三頁「任賢(源道賢男/母)」
 
【經歴】
天保十四年(一八四三)九月十一日、伊勢例幣の使王代。(本位六位)
外記局本 563 63『例幣一會』六(一括 百五十四葉)(天保 弘化)
川越兵庫助道賢(道宗王)が使王代を勤仕する予定であったが、所勞のため、九月五日に至り、任宗王に替えられた。
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』
少外記平田家記録 D2-32 天保十四年九月十一日 例幣參仕外記方交名
河越家記録『例幣使王參向日記 從天保十四卯年至弘化四未年
天保十五年(一八四四)九月十一日、伊勢例幣の使王代。(本位六位)
外記局本 563 63『例幣一會』六(一括 百五十四葉)(天保 弘化)
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』(使々交名・宣命使々位署)
少外記平田家記録 J10-49
河越家記録『例幣使王參向日記 從天保十四卯年至弘化四未年
弘化三年(一八四六)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』六(一括 百五十四葉)(天保 弘化)
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』(宣命寫)
河越家記録『例幣使王參向日記 從天保十四卯年至弘化四未年
少外記平田家記録 J11-12 『弘化三年九月十一日 例幣散状』
弘化四年(一八四七)八月二十五日、孝明天皇即位由奉幣伊勢使の使王代
『即位由奉幣宣命寫』(『孝明天皇紀』第一、三九九頁 所引
王從五位下任宗王
河越家記録『例幣使王參向日記 從天保十四卯年至弘化四未年
弘化四年(一八四七)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』六(一括 百五十四葉)(天保 弘化)
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』(宣命使々位署・使々交名)
『吉田家日記』弘化三年九月十一日癸巳(『孝明天皇紀』第一、二六八頁 所引。『大日本維新史料』一ノ二、七〇九頁 所引
使王代 川越兵庫助任賢
嘉永元年(一八四八)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』七(一括 百十壹葉)(嘉永 安政)
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』(宣命使々位署)
河越家記録『例幣使王參向日記 從嘉永元申年至嘉永三戊年
嘉永元年(一八四八)十一月九日、孝明天皇大嘗會由奉幣伊勢使の使王代
少外記平田家記録 D17「奉幣諸社使歴名帳」 嘉永元年度大嘗會由奉幣
『骭卿記』弘化五年【嘉永元年】十一月九日己卯(『孝明天皇紀』第一、七〇〇頁 所引。『稿本孝明天皇實録』一五四〜一五六頁 所引
 王代任賢王【ママ】。齋部則能。
『骭卿記』弘化五年十一月九日己卯條に「任賢王」とあるのは誤り。
嘉永二年(一八四九)八月二十二日、伊勢一社奉幣の使王代
『宣命抄』(『孝明天皇紀』第一、八一六頁所引
王從五位下任宗王
『輔世卿記』嘉永二年八月廿二日(『孝明天皇紀』第一、八一八頁 所引
使王代 川越兵庫頭任賢
嘉永二年(一八四九)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』七(一括 百十壹葉)(嘉永 安政)
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』(宣命使々位署)
河越家記録『例幣使王參向日記 從嘉永元申年至嘉永三戊年
嘉永三年(一八五〇)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』七(一括 百十壹葉)(嘉永 安政)
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』(宣命使々位署)
少外記平田家記録 K61-143 日次記 嘉永三年九月十一日
河越家記録『例幣使王參向日記 從嘉永元申年至嘉永三戊年
嘉永四年(一八五一)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』七(一括 百十壹葉)(嘉永 安政)
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』(使々交名・宣命使々位署・使々交名)
河越家記録『例幣使王參向日記 從嘉永四亥年至嘉永六丑年
嘉永五年(一八五二)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』七(一括 百十壹葉)(嘉永 安政)
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』(宣命使々位署・使々交名)
河越家記録『例幣使王參向日記 從嘉永四亥年至嘉永六丑年
嘉永六年(一八五三)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』七(一括 百十壹葉)(嘉永 安政)
嘉永七年(一八五四)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』七(一括 百十壹葉)(嘉永 安政)
少外記平田家記録 D16 中原職孚『天保七年已徃例幣一會記』(宣命使々位署・使々交名)
河越家記録『例幣使王參向日記 從嘉永七寅年至安政三辰年
安政二年(一八五五)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』七(一括 百十壹葉)(嘉永 安政)
河越家記録『例幣使王參向日記 從嘉永七寅年至安政三辰年
安政三年(一八五六)九月十一日、伊勢例幣の使王代
外記局本 563 63『例幣一會』七(一括 百十壹葉)(嘉永 安政)
河越家記録『例幣使王參向日記 從嘉永七寅年至安政三辰年
 
【文獻等】
藤森馨「國學院大學図書館所蔵「河越家記録・文書」の紹介と目録」(『國學院大學図書館紀要』第六号、平成六年(一九九四)三月、75〜98頁)


 
次頁 「 ィ [ィ子]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 に 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


更新日時: 2014.02.10.
公開日時: 2010.01.07.


Copyright: Ahmadjan 2010.1 - All rights reserved.