前頁 「 健 [健A]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[健憲]

フレームなし


健憲王 たけのり
 のち賀陽健憲
 
【出自】
 
恒憲王[賀陽宮](のち賀陽恆憲)の六男。
 
【母】
 敏子
 恒憲王妃
 のち賀陽敏子
 九條道實の五女。
 
【經歴】
昭和十七年(一九四二)八月五日、誕生。
『官報』第四六七二號 昭和十七年八月六日 告示
○宮内省告示第十六號
恒憲王妃敏子殿下本日午前八時十五分東
京府東京市麹町區三番町二番地ノ五賀陽宮
邸ニ於テ御分娩王御誕生アラセラル
 昭和十七年八月五日
        宮内大臣 松平 恒雄
健憲王
昭和十七年(一九四二)八月十一日、命名。
『官報』第四六七七號 昭和十七年八月十二日 告示
○宮内省告示第十七號
本月五日誕生セラレタル恒憲王殿下ノ第六
男子名ヲ健憲タケノリト命セラル
 昭和十七年八月十一日
        宮内大臣 松平 恒雄
賀陽健憲
昭和二十二年(一九四七)十月十四日、皇室典範第十三條の規定により、皇族の身分を離れる
『官報』第6226号 昭和22年10月14日 告示
○宮内府告示第十六号
 恒憲王妃敏子、邦壽王、治憲王、章
憲王、文憲王、宗憲王、健憲王、邦昭
王、朝建王、朝宏王、朝子女王、通子
女王、英子女王、典子女王、守正王妃
伊都子、孚彦王、孚彦王妃千賀子、誠
彦王、冨久子女王、美乃子女王、稔彦
王妃聰子内親王、盛厚王、盛厚王妃成子
内親王、信彦王、文子女王、俊彦王、
恒コ王妃光子、恆正王、恆治王、素子
女王、紀子女王及び春仁王妃直子各殿
下は、皇室典範第十三條の規定によ
り、昭和二十二年十月十四日皇族の身
分を離れられる。
 昭和二十二年十月十三日
     宮内府長官 松平 慶民
學習院大學卒業。
日本交通公社に就職。
 
【文獻等】
平成新修 旧華族家系大成 上巻』 三一頁


 
次頁 「 絢 [絢子@]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 け 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2011.12.15.

Copyright: Ahmadjan 2011.12 - All rights reserved.