前頁 「 長 [長柄]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[長峯]

フレームなし


長峯王
 のち文室眞人[長峯]
 
【出自】
 右京人
 天武天皇の「第二皇子」の後裔。
 四世王以下。
天武天皇の「第二皇子」については、「藤山王」を參照。
 
【經歴】
長峯王
正六位上に敍される。
*文室眞人長峯
貞觀十五年(八七三)九月二十七日、藤山王ら十八人と共に、文室眞人を賜姓される。
『日本三代實録』貞觀十五年九月廿七日己丑
右京人正六位上藤山王・三原王・長柄王・長峯王・長良王・忠峯王・正峯王・豊峯王、男女十九人、賜姓文室眞人。其先出自淨御原親王第二皇子。
『日本三代實録』貞觀十五年九月廿七日己丑條は、原文に從う限りでは「藤山王 ・・・・・ 豊峯王の男女十九人」と解釋しなければならないが、「藤山王 ・・・・・ 豊峯王[等]、男女十九人」と解釋する。


 
次頁 「 長 [長明]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 ち 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2010.02.02.

Copyright: Ahmadjan 2010.2 - All rights reserved.