大豊王


前頁 「 大 [大坂]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[大豐]

フレームなし


大豐王 オヤトヨ
 
 『一代要記』「第八十高倉天皇」皇子に見える。
『続神道大系 朝儀祭祀編 一代要記』(二)(神道大系編纂会、平成十八年(二〇〇六)十月)二一三頁には「ヲヤトヨ」と振假名がある。
続神道大系本『一代要記』「第八十高倉天皇」皇子

【惟明親王】──







聖 海


尊 雲
  〔權脱
法印 大僧都、
高乘


大僧都

 






大智院
國尊王


───

〔ホ〕
ヲヤトヨ

大豐王


───
  實國尊
ナアキラ  王子

字明王
 『本朝帝系抄』に見える「
天豊王」と同一人であろう。
 類從本・吹上本『本朝皇胤紹運録』、三千院所藏『帝王系圖』等に見える、「交野宮」の子「醍醐宮」と同一人か。未詳。
 
【出自】
 國尊王高倉院の孫。惟明親王の子)の子。
改定史籍集覽』所收『一代要記』「第八十高倉天皇」皇子
【惟明親王】






聖 海

法印大僧
都號高桑






尊 雲

大僧


└─


國尊王

大智


───

オヤトヨ
大豐王


──┐
  │
┌─────────────────
──┘

└──

ナアキラ 
字明王

實國尊
王子
 
【子女】
 □
字明王 【實は國尊王の子】
 
【文獻等】
稿本高倉天皇實録』 一一五五頁 「皇曾孫大豐王」
赤坂恒明『「王」と呼ばれた皇族 古代・中世皇統の末流』 吉川弘文館、二〇二〇年一月
C水正健『皇族考證』第肆巻「高倉皇胤」には特に言及がない。


 
次頁 「 大 [大俣@]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 た 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


更新日時: 2020.09.08.
公開日時: 2008.12.28.


Copyright: Ahmadjan 2008.12 - All rights reserved.