岡屋王


前頁 「 岡 [岡於A]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[岡屋@]

フレームなし


岡屋王
 のち美和眞人[岡屋]
 
【出自】
 系譜未詳。
『日本古代人名辭典』等は、高市皇子の孫の岡屋王と同一人と作すが、從い難い。
 
【經歴】
岡屋王
*美和眞人岡屋
天平勝寶三年(七五一)正月二十七日、壬生王と共に美和眞人を賜姓される。時に無位。
『續日本紀』天平勝寶三年正月辛亥
賜正五位下大井王、奈良眞人姓。无位垂水王、男三室王、甥三影王・日根王・名邊王、无位廬原王、男安曇王・三笠王・對馬王・物部王・枚【牧】野王、孫奈羅王・小倉王、无位猪名部王、男大湯坐王・堤王・菟原王・三上王・野原王・礪波王等、三嶋眞人。无位御船王、淡海眞人。无位等美王、内眞人。无位壬生王・岡屋王、美和眞人。无位C水王、男三狩王、海上眞人。田部王、春日眞人。文成王、甘南備眞人。平群王、常陸王、志紀眞人。
 
【文獻等】
竹内理三/山田英雄/平野邦雄 『日本古代人名辭典』第二卷 420頁中「岡屋王」


 
次頁 「 岡 [岡屋A]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 か 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2013.06.10.
Copyright: Ahmadjan 2013.6 - All rights reserved.