前頁 「 由 [由紀子]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[由道]
 
フレームなし


□ 由道王
 のち源朝臣由道
 
【出自】
 本康親王の男子。
 仁明天皇二世。
 
【經歴】
由道王
二世王として從四位下に敍されたと考えられる。
承平六年(九三六)四月七日までに、兵部大輔に任じられる。
承平六年(九三六)四月七日、擬階奏に兵部大輔として參仕。
『九條殿記』擬階奏 承平六年四月七日乙丑
・・・・・ 式部少輔藤原朝臣在衡、兵部大輔由道王等、經布【敷】政・宣仁兩門、參進軒廊北庭、東面南上而立(依省次也)。上卿云。「式部省」。輔稱「唯」。又云。「兵部省」。同又輔稱「唯」。仰云。「短册省持罷依例行之」。同音稱「唯」。退出。
工事中 天慶元年(九三八)十一月十日、
『本朝世紀』天慶元年十一月十日癸丑
兵部大輔由道王
天慶二年(九三九)六月二十九日、大秡に兵部大輔として參仕。
『九條殿記』大秡事 天慶二年六月廿九日己亥
・・・・・ 次、兵部大輔由道王、中務大輔國淵朝臣【源】等、着座。
天慶五年(九四二)四月七日、擬階奏に兵部大輔として參仕。
『本朝世紀』天慶五年四月七日庚申
此日、平野祭也。又奏擬階之日也。・・・・・ 式部大輔藤原有聲朝臣・兵部大輔由道王入自敷政門、雙立軒廊北庭中(東面北上)。
源朝臣由道
天慶五年(九四二)四月七日以後、天慶六年(九四三)十二月二十四日以前に、源朝臣を賜姓される。
『日本紀竟宴和歌』天慶六年
天慶六年(九四三)十二月二十四日、日本紀竟宴において「得保食~」の題で、「いつくさの たなつものをば うけもちの かみぞなしける よろづよのため」と和歌を詠んだ。
『日本紀竟宴和歌』天慶六年(『大日本史料』第一編之八、天慶六年十二月二十四日條所引
  得保食~                 從四位下行兵部大輔源朝臣由道
伊津久散能、多奈津毛能雄者、宇介毛智野、加美曾那志介流、與呂津夜能多


 
次頁 「 由 [由蓮]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 い 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


更新日時: 2004.03.10.
公開日時: 2003.02.22.


Copyright: Ahmadjan 2003.2 - All rights reserved.