前頁 「 友 [友]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[友上]
 
フレームなし


□ 友上王
 
【出自】
 系未詳。
 舍人親王(天武天皇の男子)の裔か。
清原眞人長谷(舍人親王三世。三原王の孫。石浦王の二男)も延暦十七年(七九八)に清原眞人姓を賜わっており、友上王の賜姓と同時であると推測される。よって、友上王は清原眞人長谷の兄(即ち石浦王の長男)あるいは清原眞人長谷の前名と考えられる。
 
【經歴】
延暦十七年(七九八)十二月二十四日、清原眞人を賜姓される。
『日本後紀』延暦廿三年六月甲子
散位正五位下小倉王上表曰。「・・・・・ 小倉幸属淳化、謬霑霈沢、□乾云弘、大造無謝。但得愚息内舎人繁野、及小倉兄別王之孫内舎人山河等款〓【人+(稱−禾)】。臣等智効罕施、器識庸微、忝天〓【水+黄】之末流、仰瓊枝而悚懼。伏請依去延暦十七年十二月廿四日友上王賜姓故事、同蒙清原真人姓。又繁野名語觸皇子、改繁曰夏。・・・・・ 謹以申[聞]」。許之。
 
【文獻等】
佐伯有清『新撰姓氏録の研究 考證篇 第一』(吉川弘文館、昭和五十六年(一九八一)十二月初版)、二一二〜二一三頁


 
次頁 「 友 [友貞]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 い 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


更新日時: 2006.06.06.
公開日時: 2003.02.23.


Copyright: Ahmadjan 2003.2 - All rights reserved.