前頁 「 住 [住子A]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[住世]
 
フレームなし


住世王
 のち平朝臣住世
 
【出自】
 
正躬王の男子。
 桓武天皇三世王。
 萬多親王の孫。
 
【經歴】
住世王
天安二年(八五八)正月七日、無位より從五位下に敍される。
『日本文コ天皇實録』天安二年正月庚子
无位忠貞王授從四位下。无位住世王從五位下。・・・・・
平朝臣住世
貞觀四年(八六二)四月二十日、平朝臣を賜姓される。
『日本三代實録』貞觀四年四月廿日戊午
勅。參議正四位下行彈正大弼正躬王男散位從五位下住世王、无位繼世王・基世王・家世王・u世王・助世王・是世王・經世王・並世王・尚世王・行世王・保世王、故從四位上【ママ】正行王男高蹈王・高居王、故從四位下雄風王男定相王等十五人、賜姓平朝臣。・・・・・
貞觀四年(八六二)十二月二十日、正親正に任じられる。
『日本三代實録』貞觀四年十二月廿日甲寅
以散位從五位下平朝臣住世爲正親正。
貞觀八年(八六六)正月十三日、肥後介に任じられる。
『日本三代實録』貞觀八年正月十三日庚寅
從五位下行正親正平朝臣住世爲肥後介。
大判事に任じられる。
元慶三年(八七九)正月七日、從五位上に敍される。時に大判事。
『日本三代實録』元慶三年正月七日丁酉
[授]從五位下守大判事平朝臣住世 ・・・・・ 並從五位上。
仁和二年(八八六)六月十三日、甲斐守に任じられる。
『日本三代實録』仁和二年六月十三日辛酉
從五位上守大判事平朝臣住世爲甲斐守。
 
【文獻等】



 
次頁 「 重 [重]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 ち 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2008.07.10.

Copyright: Ahmadjan 2008.7 - All rights reserved.