前頁 「 氏 [氏仲]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[氏雄]

フレームなし


氏雄王
 のち文室朝臣氏雄
 
【出自】
 未詳。
 
文室朝臣助雄もと助雄王直世王の二男。天武天皇五世。長親王の玄孫)の兄である可能性が高いと思われる。
 
【經歴】
正六位上となる。
氏雄王
天長十年(八三三)十一月十八日、正六位上から從五位下に敍される。
『續日本後紀』天長十年十一月庚午
詔授 ・・・・・ 正六位上氏雄王・豐前王並從五位下。
文室朝臣氏雄
天長十年(八三三)十一月十八日から承和五年(八三八)十一月二十日までの間に、文室朝臣人を賜姓される。
承和五年(八三八)十一月二十日、内匠頭に任じられる。
『續日本後紀』承和五年十一月甲戌
[以]從五位下文室朝臣氏雄爲内匠頭。
承和七年(八四〇)十月十六日、駿河守を兼任する。
『續日本後紀』承和七年十月戊午
[以]從五位下文室朝臣氏雄爲兼駿河守。内匠頭如故。


 
次頁 「 四 [四@]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 し 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2010.05.11.
Copyright: Ahmadjan 2010.5 - All rights reserved.