広井王


前頁 「 廣 [廣上]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[廣井@]

フレームなし


廣井王
 
【出自】
 未詳。
 四世王以下と推定される。
 
【經歴】
淺井王の戸口 雄豐王(小豐王)が大和國添上郡春日郷内の家地・墾田を石川朝臣圓足の京家と交換した際に、その「相替」が正當なものであることを證明するために作成された券文に基づいて、大和國添上郡司が弘仁七年(八一六)十一月二十一日に作成した「解」(上申書)において、「證」(證人)として署名した。時に正六位上。
『東大寺藥師院文書』弘仁七年十一月廿一日付「雄豐王家地相博券文」(貞觀十五年六月廿六日 大和國判)
相替家立券文事
 合壱區 地参段 墾田肆段壹佰歩
 
    東限並城王家西道 南限公田
  四至
    西限美濃女王家  北限公田
 
  在大和国添上郡春日郷(五上春日里五坪者)
右家、得左京五條一坊戸主正五位上淺井王戸口正
六位上小豊王辞状偁、以便宜左京六條一坊戸主正
六位上石川朝臣圓足之京家相替既畢。望請、依
法欲券文立者。依申状、刀祢等覆勘、所陳有
實。仍勒相替兩人署、言上如件、以解。
         弘仁七年十一月廿一日
以貞觀十四年十二月十三日  相替正六位上内舎人「雄豊王」
 与沽實行王、以同     證正六位上「真豊王」
 十五年六月廿六日立國判、仍 正六位上「廣井王」
   毀了、
郡判
 大領外従八位上物部清水  主政无位道祖「道麻□【呂】」
              主帳丸部
早稲田大学図書館所藏[リ05 03740 0008]
https://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/ri05/ri05_03740/ri05_03740_0008/ri05_03740_0008_p0001.jpg
https://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/ri05/ri05_03740_0008/index.html

『平安遺文』第一卷、第四二號文書


 
次頁 「 廣 [廣井A]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 く 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2021.02.14.

Copyright: Ahmadjan 2021.2 - All rights reserved.