礒江王


前頁 「 儀 [儀良]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[礒江]

フレームなし

工事中

礒江王
 
磯江王に同じ。
 
【出自】
 三世王
 系譜未詳。
 
【經歴】
承和十四年(八四七)正月七日、無位より從五位下に敍される。
『續日本後紀』承和十四年正月甲辰
詔授 ・・・・・ 无位礒江王・正六位上高叡王、並從五位下。・・・・・
齊衡三年(八五六)正月十二日、駿河守に任じられる。
『日本文徳天皇實録』齊衡三年正月丙辰
・・・・・ 從五位下紀朝臣東人爲伊賀守。礒江王爲駿河守。・・・・・
貞觀元年(八五九)十一月十九日、從五位下から從五位上に敍される。
『日本三代實録』貞觀元年十一月十九日庚午
撤去悠紀・主基兩帳。 天皇御豊樂殿廣廂、宴百官。多治氏奏田舞、伴・佐伯兩氏久米舞、安倍氏吉志舞、内舎人倭舞。入夜[宮]人五節舞。並如舊儀。宴竟賜絹錦各有差。・・・・ 進右大臣從二位兼行左近衛大將藤原朝臣良相階加正二位。・・・・・ 散位從五位下礒江王從五位上。・・・・・
貞觀五年(八六三)二月十六日、大舍人頭に任じられる。
『日本三代實録』貞觀五年二月十六日己酉
[以]從五位下【上】磯江王爲大舍人頭。
貞觀八年(八六六)七月六日、伊勢臨時奉幣の使王を勤仕。時に大舍人頭從五位上。
『日本三代實録』貞觀八年七月六日戊申
『類聚國史』巻十一「祈祷 上」貞觀八年七月六日戊申
貞觀八年(八六六)十二月二十九日、荷前使の次侍從となる。
『日本三代實録』貞觀八年十二月廿九日庚子
以從四位上【下】忠範王、從五位上礒江王・橘朝臣三夏・藤原朝臣直方、從五位下滋野朝臣善根・滋岳朝臣川人・源朝臣弼・藤原朝臣維範、並爲次侍從。
貞觀十一年(八六九)六月十七日、伊勢臨時奉幣の使王を勤仕。時に大舍人頭從五位上。
『日本三代實録』貞觀十一年六月十七日癸卯
貞觀十二年(八七〇)九月十一日、伊勢臨時奉幣の使王を勤仕。時に大舍人頭從五位上。
『日本三代實録』貞觀十二年九月十一日庚申
『類聚國史』巻三「伊勢太~」貞觀十二年九月十一日庚申
貞觀十二年(八七〇)十一月八日、伊勢例幣の使王を勤仕。時に大舍人頭從五位上。
『日本三代實録』貞觀十二年十一月八日丙辰
『類聚國史』巻三「伊勢太~」貞觀十二年十一月八日丙辰


 
次頁 「 礒 [礒部]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 き 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


更新日時: 2013.02.03.
公開日時: 2013.02.02.


Copyright: Ahmadjan 2013.2 - All rights reserved.