平希世


前頁 「 巖 [巖麿]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  希世
[希世]

フレームなし

工事中

希世 まれよ
 
 平朝臣希世
 
【出自】
 
雅望王の一男。
 仁明天皇の三世。
 本康親王の孫。
少外記平田家本『本朝皇胤紹運録』雅望王の子
  右中弁
  従四上
平 希 世

『尊卑分脈』雅望王の子
  後撰玉等作者
  右少將
  内藏頭
  右中弁従四上

希 世───

 
【經歴】
昌泰元年(八九八)秋、亭子院女郎花合後宴において、歌一首を奉る。
『昌泰元年秋亭子院女郎花合』後宴歌
延喜七年(九〇七)四月十六日、醍醐天皇が斎院恭子内親王の疾を平希世に問わせた。
『西宮記』四月「賀茂祭」裏書、『延喜御記』延喜七年四月十六日
祭使命婦源信子復命。自餘等未奏。使希世【平】令問齋院親王【恭子】所惱也。
延喜十一年(九一一)六月十五日、宇多上皇の亭子院賜宴(酒豪八人を集めて開催した飮み比べ大宴會)に參加。平希世は一番最初に脱落し、フラフラになって門外の地べたに寝てしまった。時に散位。
紀長谷雄「亭子院賜飲記」(『紀家集』所收)
『大日本史料』第一編之四、延喜十一年六月十五日条所收「伏見宮御記録」新冩本
『本朝文粹』卷十二「亭子院賜飲記」
『扶桑略記』延喜十一年六月十五日
延喜十五年(九一五)四月十八日、齋院長官として齋王恭子内親王の状況を申す。
『西宮記』五「賀茂祭」裏書所引『醍醐天皇御記』延喜十五年四月十八日
齋院長官希世【平】申。齋内親王【恭子内親王】自昨有月事。・・・・・
右兵衞佐となる。
延喜十九年(九一九)四月十七日、藏人に補される。時に從五位下守右兵衞佐兼行内藏權助。
『藏人補任』殘闕
藏人從五位下守右兵衞佐兼行内藏權助平希世。延喜十九年四月十七日補。同廿年九月廿一日遷任左近少將。
『職事補任』醍醐天皇 五位藏人
内藏權佐
右兵衞佐從五位下平希世 [延喜]十九年四月十七日補。延長六年正月七日從四位下。
延喜二十年(九二〇)九月二十一日、左近衞少將に任じられる。
『藏人補任』殘闕
藏人從五位下守右兵衞佐兼行内藏權助平希世。延喜十九年四月十七日補。同廿年九月廿一日遷任左近少將。
内藏助となる。
延長元年(九二三)六月、内藏助から内藏頭に轉任。時に從五位上。
『師守記』貞和五年三月五日丙申 裏書
内藏頭兼近衛司例
・・・・・
平希世
 延長元年六月 日任内藏頭(于時從五位上)
 同三年正月 日兼左近少將(内藏頭如元)
・・・・・
『官職秘鈔』上「諸寮頭」内藏
自助轉任例(・・・・・ 希世)
延長三年(九二五)正月、左近衞少將となる。内藏頭はもとの如し。
『師守記』貞和五年三月五日丙申 裏書
内藏頭兼近衛司例
・・・・・
平希世
 延長元年六月 日任内藏頭(于時從五位上)
 同三年正月 日兼左近少將(内藏頭如元)
・・・・・
延長三年(九二五)三月十二日、藤原朝臣忠平のもとを訪れ、相撲召合の白丁使の事を話した。
『貞信公記抄』延長三年三月十二日「相撲」
少將希世朝臣【平】來云。可召相撲。白丁使事云々。
以後、たびたび藤原忠平のもとを訪れている。
延長六年(九二八)正月七日、従四位下に敍される。
『職事補任』醍醐天皇 五位藏人
内藏權佐
右兵衞佐從五位下平希世 [延喜]十九年四月十七日補。延長六年正月七日從四位下。
右中辨兼内藏頭。
延長八年(九三〇)六月二十六日、宮中への落雷により卒去。時に従四位下行右中辨兼内藏頭。
『日本紀略』延長八年六月廿六戊午
午三剋從愛宕山上K雲起、急有陰澤、俄而雷聲大鳴、墮C凉殿坤第一柱上、有霹靂~火、侍殿上之者、大納言正三位兼行民部卿藤原朝臣C貫衣燒胸裂夭亡(年六十四)。又從四位下行右中辨兼内藏頭平朝臣希世顏燒而臥。又登紫宸殿者、右兵衞佐美努忠包髪燒死亡、紀蔭連腹燔悶亂、安曇宗仁膝燒而臥。民部卿朝臣【藤原C貫】載半蔀、至陽明門外載車。希世朝臣載半蔀、至修明門外載車。時兩家之人悉亂入侍、哭泣之聲禁止不休。自是天皇不豫。
『扶桑略記』延長八年六月廿六日
未時、大納言民部卿藤原C貫(年六十四。參議保則之四男也)并右中辨兼内藏頭平希世、及近衞二人、於C凉殿爲雷被震。主上惶怖、玉躰不悆、遷幸常寧殿。座主尊意、依勅候於禁中、毎夜獻于加持。・・・・・
『扶桑略記』裏書、延長八年六月廿六日戊午
申一刻雲薄雷鳴。諸衞立陣。左大臣以下群卿等起陣、侍C凉殿、々上近習十餘人連膝。但左丞相近御前。同三刻、旱天曀々、陰雨濛々、疾雷風烈、閃電照臨。即大納言C貫卿、右中辨平希世朝臣震死。傍人不能仰瞻、眼眩魂迷、或呼或走云々。先是、登殿之上舍人等、倶於C凉殿逢霹靂、右近衞忠兼死、形躰如焦。二人衣服燒損、死活相半、良久遂無恙。又雷火著C凉殿南簷。右近衞茂景獨撲滅。申四刻、雨リ雷止。臥故C貫卿於蔀、數人肩舁、出式乾門、載車還家。又荷希世出脩明門外、載車將去。上下之人觀如堵墻。如此騒動未嘗有矣。
『九條殿遺誡』遺誡日中行事
貞信公語云。延長八年六月二十六日、霹靂C凉殿之時、侍臣失色、吾心中歸依三寶、殊無所懼。大納言C貫、右中辨希世、尋常不尊佛法、此兩人已當其殀。
『體源抄』十二下
延長八年六月廿六日、~なりおそろしかりけるとき、C凉殿の未申の柱の上に、~火いてきてもえけり。大納言C貫卿の上のきぬに火付て、ふしまろひ、おめきさけへともきへす。右中辨希世朝臣はかほやけて、柱のもとにたうれふす。此二人は、つねに佛~をかろしむる故に、此災にあたるよし、貞信公かたり給けり。是茂朝臣弓をとりむかひたりけれと、立所にけころされぬ。美好【ママ】忠兼は鬢やけて死ぬ。紀蔭連はほのほにむせひて悶絶す。これかきりある天下の禍なりけれと、佛法を信し奉ほとの人は、其節にありなから、ことゆへなかりけり。貞信公は時平の御弟にておはしけれとも、このかみに同意し給はす、ことに天~の御ことをなけき給けり。其故に當座におはしけれとも、いさゝかのわつらひなし。可ゝれにや。
『太平記』十二
・・・・・ 遂ニ雷電大内ノC凉殿ニ落テ、大納言C貫卿ノ表ノ衣ニ火燃附テ、伏轉ヘトモ消ス。右大辨希世朝臣ハ心剛ナル人ナリケレハ、縱如何ナル天雷ナリトモ、王威ニ怖サランヤトテ、弓ニ矢ヲ取副テ向ヒ給ヘハ、五體スクミテ覆ニ倒ニケリ。近衞忠包、鬂髪ニ火附燒死シヌ。紀蔭連ハ煙ニ咽テ絶入ニケリ。・・・・・
午三刻、C凉殿の坤(未申)第一柱の上に落雷した際、おそらく藤原C貫と共に柱のすぐそばに座っていた希世は、雷電の直撃を受けて顏が燒け、倒れ伏した。希世の家人たちは、同じく震死した藤原C貫の家人たちと共に宮中に亂入し、主人の遺体のそばで泣き叫び、禁止しても止まなかった。申四刻、雨があがり雷が止み、希世の遺体は半蔀に載せられ、修明門外で車に載せられて、野次馬による衆人環視の中、家に戻った。
藤原忠平が言うには、C凉殿への落雷の際、自身は心中、佛教に歸依し、ことさら恐ろしくはなかったが、藤原清貫と平希世は常日頃、佛法を尊崇しなかったために震死の災いに遭った、という。
『太平記』では、希世は「心剛なる人」であったため、弓矢を執って天雷に立ち向かったが、五體がすくんで倒れ伏した、とされるが、『體源抄』では、これは是茂朝臣のこととされる。
 
【子女】
 平朝臣忠孝
 大宰少監
 平朝臣忠依
 從五位下
『尊卑分脈』(仁明平氏)希世の子
 大宰少監
忠 孝

彳五下
忠 依 拾作者
 (女子)
 少僧都信慶(藤原朝臣助信の男子)の母。
『尊卑分脈』藤原 攝家相續孫「時平」の子「敦忠」の子「助信」の子「信慶」
 少僧都
信 慶
   母左【脇坂本・前田一本・内閣文庫本「右」】中弁希世女。
 
【詠歌】
『昌泰元年秋亭子院女郎花合』後宴歌
         まれよ
名にし負へば あはれと思ふを 女郎花 たれを憂しとか まだき移ろふ
『後撰和歌集』十二「戀歌」四
         あひ志りて侍る女の人に、あた名たち侍りける遣はしける、
                  平まれよの朝臣
枝もなく 人におらるゝ 女郎花 ねをたに殘せ 植ゑし我か爲
『玉葉和歌集』五「秋歌」下
         延喜の御時の菊合に、
                  平希世朝臣
きくの花 霜にうつると をしみしは こき紫に そむる也けり
 
【文獻等】
『大日本史料』第一編之六、二六二〜二六四頁


 
次頁 「 奇 [奇恒]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 き 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2021.10.03.

Copyright: Ahmadjan 2021.10 - All rights reserved.