前頁 「 永 [永平]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[永野]
 
フレームなし


□ 永野王
 
【出自】
 ● 系未詳。
 
【經歴】
弘仁十四年(八二三)十一月二十日、[正六位上から?]從五位下に敍される。
『類聚國史』巻九十九「職官」四「叙位」四、弘仁十四年十一月庚午
[授]□□永野王・占野王從五位下。
常陸[權]介に任じられる。
承和元年(八三四)五月二十二日、貞子内親王の薨逝により、遣わされて喪事を監護する。
『續日本後紀』承和元年五月壬申
无品貞子内親王薨。・・・・・・・・・・ 常陸介從五位上永野王 ・・・・・ 等、監護喪事。
承和二年(八三五)正月七日、從五位上から正五位下に敍される。
『續日本後紀』承和二年正月
[授]從五位上永野王正五位下。
承和三年(八三六)五月二十二日、諸陵陵幣帛使を勤仕。
『續日本後紀』承和三年五月庚申
爲遣唐使奉山階・田原・柏原・神后皇后等陵幣帛。曰。 天皇大命以、掛畏山階御陵美毛申賜部止。參議正四位下藤原朝臣常嗣等爲大使〓【氏一】遣唐國使人止母路間無風波之難慈賜矜賜比〓【氏一】可太良可止志〓【氏一】參議從四位上文室朝臣秋津、常陸權介正五位下永野王、内舍人正六位上良岑朝臣清風等差使〓【氏一】美毛申賜久止申。
承和六年(八三九)二月十八日、下野守に任じられる。
『續日本後紀』承和六年二月庚午
正五位下永野王爲下野守。


 
次頁 「 英 [英@]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 え 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


公開日時: 2003.08.14.

Copyright: Ahmadjan 2003.8 - All rights reserved.