前頁 「 猷 [猷子]
『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』
  
[猷仁]
 
フレームなし


□ 猷仁親王 みちひと
 
【稱號】
 「昭宮
」 あきのみや
 
【出自】
 明治天皇の四男。
 
【生母】
 園祥子
 典侍
 園基祥の女子。
『皇胤紹運録(新補)』、「今上皇帝」の子「猷仁親王」(C水正健『皇族考證 第伍巻』 四五五頁
母同【園祥子】。明治廿年八月廿二日誕生。稱昭宮。廿一年十一月十二日薨。
 
【經歴】
明治二十年(一八八七)八月二十二日生。
C水正健『皇族考證 第伍巻』 四四八頁
右明治二十年八月二十二日降誕、同二十八日命名の全文あれど、都べて禁省の秘記なれば、載録の自由を有せず。但し其の文中に、母園權掌侍と見ゆ。
明治二十年(一八八七)八月二十八日生。
明治二十一年(一八八八)十一月十二日薨。二歳。
『官報』明治二十一年十一月十三日宮廷録事
 
【逸事等】
猷仁親王が薨去したとき、明治天皇は樞密院の憲法會議に出席中であったが、報告を受けたときも「ふん」或は「むゝ、むゝ」と答えただけでそのまま會議を進め、審議中の議事が濟んでからようやく席を立った、という。
『子爵日野西資博第二囘談話速記』宮内廳書陵部所藏[圖書寮 66981/2/明1064]41葉ウ〜42葉ウ(『臨時帝室編修局史料 「明治天皇紀」談話記録集成』第一巻(ゆまに書房、平成十五年(二〇〇三)四月)353〜462頁所收、442〜444頁
〔○ 渡邊編修官 二十一年ノ憲法會議デ昭宮樣ガ御亡クナリニナツテ、其御知ラセニ貴下ガ御出デニナリマシタノデセウカ。〕
私ガ申上ゲニ參リマシタ。「薨去ニナリマシタ」ト申上ゲマスト唯「フン」ト仰セニナツタダケデゴザイマス。
〔○ 金子總裁 貴下ハ右ノ方カラ仰シヤツタ、 陛下ノ後ロノ方ニ御屏風ガアリマシタ。私ハ丁度書記官デアソコニ居リマシタ。サウシテ貴下ハ御歸リニナツタ。貴下ハ伊藤サンニモ仰シヤツタノデスカ〕
伊藤サンニ申上ゲマシタカモ存ジマセヌ。
〔○ 金子總裁 伊藤サンハ貴下ガ御歸リニナルト席ヲ立ツテ行ツテ 陛下ノ御耳ノソバデ何カ申上ゲラレタ。サウスルト何カ御答ガアリマシタ。私共ニハ能ク聞エマセヌ。全ク御二人ノ間ノ私語デス。ソレカラ暫クシテ入御ニナリマシタ。サウスルト伊藤サンハ起ツテ、先刻 陛下ニ「昭宮樣薨去ニ就テ會議ヲ中止仕リマセウカ」ト申上ゲタ所ガ、「此議事ノ濟ム迄續ケヨ」ト仰シヤルカラ續ケタガ、今議事ガ濟ンダカラ入御ヲ奏請シタト云フコトヲ言ハレテ、ソレデ私共ニモ初メテ判リマシタ。〕
『子爵日野西資博氏第二回談話速記(於臨時帝室編修局昭和四年五月廿四日)』(『明治天皇の御日常』 一四八〜一四九頁
 渡邊編修官「二十一年の憲法會議で昭宮樣【猷仁親王】が御亡くなりになつて、其御知らせに貴下が御出になりましたのでせう。」
 日野西資博「私が申上げに參りました。「薨去になりました」と申上げますと唯「ふん」と仰せになつたゞけでございます。」
 金子總裁「貴下は右の方から仰しやつた、陛下の後の方に御屏風がありました。私は丁度書記官であそこに居りました。さうして貴下は御歸りになつた。貴下は伊藤さんにも仰しやつたのですか。」
 日野西資博「伊藤さんに申上げましたかも存じませぬ。」
 金子總裁「伊藤さんは貴下が御歸りになると席を立つて行つて 陛下の御耳のそばで何か申上げられた。さうすると何か御答がありました。私共には能く聞えませぬ。全く御二人の間の私語です。それから暫くして入御になりました。さうすると伊藤さんは起つて、先刻 陛下に「昭宮樣薨去に就て會議を中止仕りませうか」と申上げた所が、「此議事の濟む迄續けよ」と仰しやるから續けたが、今議事が濟んだから入御を奏請したと云ふことを言はれて、それで私共にも初めて判りました。」
『子爵日野西資博談(大正十五年七月二十六日、同三十日、八月二日聽取)』宮内廳書陵部所藏[圖書寮 66977/1/明1060]3葉ウ〜4葉オ(『臨時帝室編修局史料 「明治天皇紀」談話記録集成』第一巻(ゆまに書房、平成十五年(二〇〇三)四月)99〜230頁所收、110〜111頁
憲法會議は、赤坂假皇居の御會食所で行はれましたが、隨分長い間かゝつて居られました、其の當時の事です、昭宮(【振假名】アキノミヤ)樣(猷仁親王)が薨去になりました、其の時丁度御會議中で、陛下は、それへ出御になつて居りましたから、私がそれへ出て、薨去の事を申上げました、陛下は御聽き遊ばして、只「むう、むう」と御頷きになつたまゝで、遂に入御もあらせられず、其の儘會議を御進めになりました、
『子爵日野西資博談(大正十五年七月二十六日、/同三十日、八月二日、聽取/臨時帝室編修官上野竹次郎筆記)』(『明治天皇の御日常』、一五五〜一五六頁
○憲法會議は赤坂假皇居の御會食所で行はれましたが、隨分、長い間かゝつて居られました。其の當時の事です。昭宮(【振假名】アキノミヤ)樣(猷仁親王)が薨去になりました。其の時、丁度、御會議中で 陛下は、それへ出席になつて居りましたから、私がそれへ出て薨去の事を申上げました。 陛下は御聽き遊ばして唯「むゝ、むゝ」と御頷きになつたまゝで、遂に入御もあらせられず、其の侭會議を御進めになりました。
 
【墓所】
 豐島岡皇族墓地
『官報』明治二十一年十一月十四日宮廷録事
 
【文獻等】
 ● C水正健『皇族考證 第伍巻』 四四八頁


 
次頁 「 猷 [猷尊]
『 親王 ・ 諸王略傳 』 目次 「 い 」  『 親王 ・ 諸王略傳 』 の冒頭
『 日本の親王 ・ 諸王 』 の目次


更新日時: 2008.04.06.
公開日時: 2003.05.04.


Copyright: Ahmadjan 2003.5 - All rights reserved.